東洋医学や漢方を用いた治療をお考えなら、長年の信頼と実績ある下山薬局(倉敷市)へご相談ください。

夏バテ予防の養生法

夏バテ予防の養生法

「年寄りの冷や水」でお腹を冷やしてませんか?……  

曇りのイラスト

 先週は、七情「喜、怒、憂、思、悲、恐、驚」情緒、精神活動と各臓器との結びつきについてお話しいたしました。今週は夏バテ予防、特に胃腸を助ける養生についてお話しいたします。
 夏と言うことでご年配の方も「年寄りの冷や水」ということわざを忘れ、皆さん冷たい飲み物が多く入っています。また夜も熱帯夜ということでクーラーを着けないと眠れない日が続き、非常に身体を冷やしています。そのつけがこれから来ますのでその対策についてお話しいたします。8月晴れの国岡山は、毎年日照時間が200時間有るのですが、今年はなんと50時間だそうです。過去最低の年で90時間だったらしいのですが、今年は記録更新で過去の最低の又半分となっております。これはどういうことかと言いますと、お天道様から、エネルギーをもらえていないと言うことです。いつも申しております陽気、自然界のエネルギーをもらえていないと言うことになります。ですからこれからの秋に入り体調不良の方も増えてくると思います。

冷たい飲み物

 又来週から暑さが戻るらしいですが、もう胃腸を冷やす飲み物、食べ物は控えて行きましょう。氷を入れて冷えた飲み物を飲むことを控えないと余計胃腸は弱って行きます。冷たい飲み物が入ると胃腸を温める為に余分なエネルギーを使い胃腸の力を落としてしまうのです。消化吸収に使うエネルギーが無くなり食欲が落ちてしまいます。これからは温かい飲み物を取るように努力して下さい。ただ日中どうしても暑いときに自然の冷たさの果物等を上手にお召し上がり頂くことはかまいません。特に頭痛、腰痛、神経痛、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、めまい等でお困りの方は、症状が激しくなりますのでご注意ください。今年の秋は、今までアレルギー性鼻炎を患ったことがない人でも、アレルギー性鼻炎になる人が多いのではないでしょうか。それとぎっくり腰もこれから、増えてくると思いますので、良く起こす方はお腹を温めて予防するように努めてください。それと、めまいの方も、今年は特に気をつけましょう。

体調不良の改善策は体を温めよう!……  

お風呂冬40度15分間夏38度で15分間)#show(auto-A30MWD.jpg,aroundr,お風呂冬40度15分間夏38度で15分間

 今年の夏は特に、皆さん冷たい飲み物が多く入っております。今何となく胸が重いような何となく少し痛いと訴える方が多く見受けられます。もちろんそんなときはすぐにお医者様に行って心臓の検査をして下さい。そして検査をしたけど異常が無いという方で、しかし症状はあるのに、どこが悪いのだろうとご心配な方も多いと思われます。
 その理由の多くは、お腹が冷えて異常発酵を起こし、お腹にガスが貯まり横隔膜などにガスが突き上げてこの様な症状を起こしていることがあります。その様な方は先ずお湯で足を良く温めて下さい。つまり足湯をして下さい。お風呂の入り方も、夏なら38~39度、冬なら40度で15分間入浴して下さい。

生姜1

 そして漢方薬でお腹を温めると改善されます。漢方薬がないときには、生姜紅茶でもかまいませんが、今回必要な生姜紅茶の作り方は、生の生姜を使うのではなく、生姜をスライスなりざっくり角切りにして、天日で干して下さい。このようなときは天日干しした生姜の方が温める作用が強くなり、お腹を良く温めることが出来るのです。一度お試しください。
ただし、風邪を引きそうなときの生姜湯とか生姜紅茶は、生の生姜の方が良い場合が多いのです。この場合は、発汗して風邪を外に追いやるという作用が強いからです。
 冷たいものを飲み過ぎて、今後秋にかけて、頭痛、腰痛、神経痛、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、めまい等がご心配な方も、この生姜湯、生姜紅茶は効果があるとも思います。

良く噛むことと辛味の食材を上手に使いましょう。……  

月見

 それと、お食事はお米を良く咬んで食べて下さい。一口50回以上、玄米であれば100回以上咬むことが必要です。良く咬んで唾液を出すことも消化を助けます。食欲がない人は、おかゆにして下さい。お米の甘さが胃腸を一番助ける甘さになります。それとお腹を温める作用のある秋に必要な味が辛味になります。生姜紅茶同様、香辛料を使い、またネギやニラやミョウガを使い消化を助けてお腹を温めて、発散することが出来る食事を取り入れましょう。
 もう一つ辛味で秋に必要なものは、ビール以外のお酒になります。日本酒、焼酎、ワイン、ウイスキーなど、適量のお酒は、発散してうさを晴らし、秋の夜長を楽しむことが出来ます。これから秋口の体調管理には、辛味の食材を上手にお使い下さい



倉敷市下山薬局

コメント


認証コード0703

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional