東洋医学や漢方を用いた治療をお考えなら、長年の信頼と実績ある下山薬局(倉敷市)へご相談ください。

食養生 その2

食養生 その2

画像の説明

 発酵大豆には、女性ホルモン様作用があり、体に非常に良いのです。どういう良いことがあるのか?まず、女性は骨粗鬆症です。骨の健康は2つの細胞がバランス良く働いて維持されています。骨芽細胞と破骨細胞です。ところが閉経して女性ホルモンの分泌が少なくなると、骨芽細胞の働きが低下します。骨をとかす方向に働いてしまうのです。
 例えば閉経前の女性は、女性ホルモンが100%出ているとすると、男性で30%で、閉経すると女性は10%になります。男性よりもっと能力が落ちるわけです。女性は一気に骨粗鬆症になりやすいのです。骨粗鬆の男性もいますが、大抵は骨粗鬆症と言われる前に死んでいるのが実情です。
 骨芽細胞と破骨細胞のバランスを取るのに、ミネラルとか、ビタミンD3も関係しますが、やはり、大きく作用するのが女性ホルモンです。はっこうだいず、味噌とか納豆のイソフラボンが、女性ホルモンの代わりをするので、骨粗鬆症から守ってくれるわけです。



倉敷市下山薬局

コメント


認証コード6099

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional