東洋医学や漢方を用いた治療をお考えなら、長年の信頼と実績ある下山薬局(倉敷市)へご相談ください。

感謝の気持ちが病気治しの原動力

感謝の気持ちが病気治しの原動力

鬱病など精神疾患が増え続ける現代……  

帰省220

 今年は、お盆が週のなかばにあり明日までお盆休みという方も多いのではにでしょうか。皆さん、お盆休みにはふるさとに帰り、お墓参りは無事終えられましたでしょうか。お盆にはふるさとに帰り、お墓参りをして、ご先祖さんに、日々元気に暮らせていることに対し感謝の気持ちをお伝えすることが一番の仕事ではなかったでしょうか。最近では、生き仏が中心となり、お盆休みには、旅行に出かけ、お墓参りもしないという方も多く見受けられます。日本の良き伝統文化が、一つなくなるようでさみしい思いをしております。

幻聴・鬱 220

 現代におきまして、一番多くなってきた病気に、うつ病など精神疾患があります。大手の企業の社員を管理するお医者さんも、鬱病や精神疾患の方が多くて、自分がノイローゼ気味になると言うお話しを聞いております。病は気からといいますが、この気持ちの持ちようのコントロールが、なかなか難しく、イライラしたり、愚痴ったり、不安に思ったり、このようなマイナスな思考が病につながることになりますので、そのあたりを漢方的にお話ししたいと思います。

『怒りは万病の元』……  

怒り女性

 病気の始まりの多くは、ストレスと怒りが原因となります。「怒りは万病の元」と言うように、病は怒るという感情から始まります。怒ると気が上逆すると言いますが、身体の気と血液が上の方に急に上ると、頭が痛くなり、イライラして自分を抑えることが出来なくなります。怒りが過度になると、血圧は上がり、ひどくなると倒れてしまいます。怒りまで強くなくても、ストレスが罹り「イライラ」しているというのも同じことです。漢方の世界では、この怒りやイライラ感という感情は、肝臓の「肝」に起こる感情とされます。

クヨクヨとイライラが一緒になると『愚痴』になる。そして不安感が生まれる!……  

ストレス イライラ

 次に、クヨクヨするという思い悩む感情が起こります。取り越し苦労をする人などです。クヨクヨすると、胃腸が働かなくなります。食欲不振が起こり、胃が重くなり、いつも申しますように、栄養を吸収できないのですから、身体の不調はひどくなります。
 前のイライラ感とクヨクヨが一緒になりますと、「愚痴」という感情が起こります。この愚痴という感情は、原因を自分に見つけません。やれ、あれが悪い、何が悪いと、何でも人のせいにします。そうすると、身体のエネルギー循環は悪くなり、同時に血液循環も悪くなります。

鬱女性

 次に、グチるという感情と行為は、病を深くし、不安感を引き起こします。不安感を持つようになると、病はかなり奥まで進行しています。漢方の考え方は、病気を治すのは、あくまでもご本人です。お医者さんが治すのではないのです。薬、針灸は、治すお手伝いなのです。人は誰でも病気を治す力「自然治癒力」を持っています。この力を引き出せばよいのです。この不安感を無くすためには、またこの自然治癒力を引き出すためには、「感謝」という思いが大切になります。

病気治しの特効薬『感謝の気持ち』……  

病気の治りやすい人

 お陰様でという言葉がありますが、これはお陰というのは、陰(かげ)の力、ご先祖様のお陰で、今の幸せな自分がありますというありがたい言葉です。原因を人に求めず、前向きな人が持つ感情が、感謝なのです。このような感謝の言葉が、病気を治す原動力となるのです。プラス思考と言われてもよいと思います。

病気の治りにくい人

 前もお話しいたしましたが、実際に当店の薬局での出来事です。二人の方がひざ痛でこられて処方しました。前者の方は、2週間後こられた時に同じように足を引きずって入ってこられます。薬が効かなかったのかなと思いながら「如何ですか?」とお聞きすると、「先生、おかげさまで朝からの頭痛や、肩こりは取れました。ただ、ひざはもう少しかかるかもしれませんね」といわれる方です。後者の方は、「如何ですか?」とお聞きすると、「ぜーんぜん、効かん。(カルテを見て、朝からの頭痛や肩こりは?と聞いてみると)あ、それは取れた。」と言われました。お二人の方の直り方は全然違ってきますね。前者の方は、感謝の心を持って、一つ一つ良くなっていることを自覚できるプラス思考の方、後者の方は、良くなったことは見えていない方、感謝の思いが少ないマイナス思考の方です。このお二人では病気の治り方が全く違うのです。これはいろんな病気に関していえることです・・。

感謝の気持ちを伝えよう!……  

仏壇02 220

 それと、お盆の過ごし方ですが、お墓参りの時、また仏壇の前では、ご先祖様には、絶対に願い事はしないことです。それこそ欲たれ信仰になります。「病気を治して下さい。」とでもお願いしようものなら、おじいさんおばあさんは困ります。かわいい息子や娘や孫が病気で困っているのであれば、居ても立ってもいれません。修行の妨げになります。ご先祖様の前では、お願いをするのではなく、病気の方も病気でない方も、生かされていることに対する感謝の思いをご先祖様にお伝えして、明るい気持ちでお盆休みを終えられてください。その感謝の気持ちが病気治しに、健康につながるはずです。



倉敷市下山薬局

コメント


認証コード2553

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional